センター試験の内容が大幅に変更されるため、塾の役割が益々重要となってきています。予想問題の作成や、試験内容変更に伴う授業の進め方などですが、点数の取り方の指導ばかりでなく、重要なのは生徒個人の実力をいかに伸ばせるかです。

塾に求められるもの

個別指導は本当に必要?

塾を探していく中で、個別指導を選択肢に入れる人も多いでしょう。集団指導は先生1人に対して、複数の生徒が一度に授業を受けるスタイル。それに対して、先生1人に対して生徒は1人から2人という形態が一般的…

Read more »

個別指導塾の良いところ

個別指導塾とは、集団に対して授業をする塾とは異なり、一人とか二人程度の個人を相手に授業をする塾のことです。講師は一人一人の指導をするのですから、その生徒の現在の学力を十分に把握する機会を持つことが…

Read more »

個別指導塾の悪いところ

集団型よりも料金が高め

塾のタイプとして、従来型の集団型と個別指導型があります。集団型は、学校と同じように一人の講師が多くの生徒を前に授業を行います。一方、個別指導型は一人から数人の生徒ごとに一人の講師が付きます。講師の数で言えば個別型の方がかなり必要になり、その分人件費がかかります。料金体系としては、従来型の集団型に比べると個別型の方が高めに設定されるケースが多くなります。完全マンツーマンや一対二等に比べると、五人ぐらいの生徒に一人の講師が付くようなタイプはかなり安めになります。講師に大学生のアルバイトを使っているところなども、必ずしも高くなるわけではありません。それぞれの塾で異なるので、金額も見ながら講師の質も確認するといいでしょう。

ライバルが見えにくい環境

勉強は自分のために行います。ただ現実には受験戦争と呼ばれる競争があります。有名学校に入学するには周りの人よりもより良い成績を上げられないといけません。ライバルがいると、その人を追い抜かそうと勉強にやる気が出る時があります。同じクラスでランキング表などが張り出されるところもあるので、より上位に入ろうと勉強するようになります。個別指導塾は、基本的には個々のペースで勉強をします。周りにいる人は必ずしも自分と同じレベルとは限りません。ライバルが見えにくい環境で勉強していかないといけません。自分のペースで勉強したい人には向いていますが、競争心が強い人だと物足りない時もあります。模試などの結果を見てやる気を出すしかないでしょう。

そろそろ考えないと!?学習塾の選び方

学習塾を選ぶ基準は、家から近い、料金が安いなどさまざまです。たいていの塾では体験学習ができるようになっていますので、慌てず慎重に決めることをおススメします。

講師に教わるだけが塾ではない

塾に通うメリットは講師に教わることだけではありません。自分のモチベーションを高めたり、周りとのコミュニケーションや情報交換など他にもメリットがあります。又、授業が無く勉強のやり方だけを教えてくれて、独学での実力アップを目指している塾もあります。

勉強以外の塾のメリット

塾には自分以外にも別の生徒も通っていて、自分と同じ目的を持っています。彼らと交流することで良い影響が得られます。勉強法の話をすることで息抜きと効果的な勉強法の獲得の2つを同時に達成可能です。また自…

塾を上手に活用しよう

学校の授業だけで十分な受験対策ができるのか、他の学校の生徒のレベルはどうなんだろう、など、一人で勉強していると不安になることがありますよね。そんな時には集団指導形式の塾に通ってみてもいいかもしれま…

授業の無い塾もあります

学習塾というと、集団指導と個別指導をまずはイメージするという人も多いことと思います。しかし、第3の形態も最近では見かけるようになってきました。それが、自立学習タイプの塾です。自立学習ですから、塾で…

© Copyright Individual Guidance.All Rights Reserved.