個別指導塾の良いところ

個別指導塾に求められる指導力とは

個別指導塾とは、集団に対して授業をする塾とは異なり、一人とか二人程度の個人を相手に授業をする塾のことです。講師は一人一人の指導をするのですから、その生徒の現在の学力を十分に把握する機会を持つことができます。そのため集団授業の形式よりもきめの細かい指導をすることが可能なため、うまくいけば成績のスムーズなアップを期待できます。このような個別指導をするためには、講師に生徒の能力を正確に知る能力は不可欠となります。またその不足する能力を補うための指導方法を知っていないといけません。また不足する能力を補うために使用する教材の選択も大事になります。数ある教材のなかから、生徒に必要なものを選択することができることは個別指導の大前提といえます。

個別指導塾が持つ強みとは

塾として一年のどの時期に何を教えるかをスケジュールとして決めておくはどこの塾でもありますが、実際にはスケジュール通りには生徒の実力派伸びてくれないのが現実です。この点、集団授業の形式だと、キチンと学力をつけてきている生徒とそうではない生徒が混在する中で、とりあえず授業を先にすすめるしかありません。落ちこぼれた人は後で自分で何とかしてくれることを期待して授業は進ませるからです。これに対して個別指導塾だと実力がついてこれないことを素早く把握できるので、その場ですぐに手を打つことができます。結果的に、個別指導のほうが落ちこぼれることなくスケジュール通りに科目全体を学習しやすくなります。つまり生徒がつまずいたらすぐに弱点を克服させる指導ができるという点が個別指導の最大の強みということです。

© Copyright Individual Guidance.All Rights Reserved.