授業の無い塾もあります

自主自立!授業をしない塾とは?

学習塾というと、集団指導と個別指導をまずはイメージするという人も多いことと思います。しかし、第3の形態も最近では見かけるようになってきました。それが、自立学習タイプの塾です。自立学習ですから、塾では授業をしないというスタイルということになります。
自立学習型の塾には、大きく分けて、完全に自立学習をさせる形と、動画授業を組み合わせる形があります。
前者の場合は、基本子どもたちは自由な時間に通塾し、自由に学習をすることができます。自分で学校の教材を進めて行ったり、塾のテキストやプリントを自由に印刷できるたりという場合もあります。先生は基本常駐しているので、困った時に質問することができます。後者の場合は、ある程度時間の枠が決まっている場合もありますが、曜日は自由に選べる設定の塾が多いようです。まずは動画を見てある程度内容を理解した上で、自分でテキストを進めて行き、困ったら先生に質問していきます。

安い!?自立学習型塾の月謝。

自立学習型の塾は通塾日数、時間で固定されていることが多いようです。また、ある程度の金額は必要ですが、通い放題というコースを設置している塾もあります。例えば、通塾日数が週に2日で月1万円、3日で1万2000円、5日で2万円、通い放題で2万8000円という形です。はたしてこの料金設定が安いのかどうかはなかなか難しいですが、子どもの性格、勉強スタイルによるのではないかと思います。例えば、ある程度家庭学習の習慣があるという子どもにとっては、困ったときだけ先生に頼れるという自立学習型の塾は向いているでしょうし、通い放題にした場合、毎日のように通うことに苦痛を感じにくいと思います。そのような子どもにとっては自立学習型の塾の費用は間違いなく安いでしょう。ただ、1から教えてもらいたい、自分では進んで勉強出来ないというタイプの子どもにとっては自立学習型は向かないかもしれません。その場合は割高と言えます。

© Copyright Individual Guidance.All Rights Reserved.